2014年11月24日

地震を生き延びました

2014年11月22日22:08 長野県北部を震源とするマグニチュード6.7、震源の深さ5kmの地震が起きました。早起き鳥も激しい揺れに見舞われましたが、漆喰の壁が少し剥がれた箇所が2ヶ所ほど、食器の損壊が少々という程度ですみました。
 早起き鳥の地区は水道、電気、電話などのライフラインは機能しています。地域的に断水や水の濁りが生じている場所もあるようです。道路は通行が制限されたりしている箇所があるようです。
 あれだけの大きな揺れを体験したのは初めてでしたが、死亡者、火災ともにゼロだったことが奇跡的に思えます。火事は消火できるけど、地震は止められません。激震に見舞われている間、いろんな事が脳裏をよぎりました。今は朝起きて、生きているんだという事を感じられて幸せに思います。
 お電話やメール、フェイスブックのメッセージなどで安否を気遣っていただいた皆様、ありがとうございます。今は少しずつ片付けや点検をしている状況ですが、余震の揺れに対して少しナーバスになっていると感じる部分もあり、早くもとどおり穏やかな生活ができるようになればと、焦らずすごしています。
 日本は地震国です。いつ、どこで起きるかわかりません。皆様も日頃からの備えを怠らないようにお過ごしください。

早起き鳥ウェブサイト
posted by earlybird at 10:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 白馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じゃりちゃんです。
地震の被害が少なかったとのことで安心しました。まだ、余震が心配されますので、お気を付け下さい。
私のほうは、最近シミュレーターの開発やレイアウトの拡大などで忙しくしています。
Posted by じゃりちゃん鉄道 at 2014年11月26日 22:36
じゃりちゃん、こんばんは。
おかげ様で少しずつ、落ち着きを取り戻してはおります。
 レイアウトの拡大となると、スペース自体を広げるのでしょうか、それとも既存のスペースのまま高架線を増やすのでしょうか。いずれにしても大工事になりそうですね。指の怪我が多くなりそうです。気をつけてください。
Posted by earlybird at 2014年11月26日 23:04
ガレージ内バージョンは 2.7m×5.5mです。
イベントでのフルレイアウトは 3.6m×5.8m で新幹線は12両編成対応です。
それを 3.6×7.2m に拡張し、新幹線16両編成対応にする計画です。
すでに0系は16両入手、将来E5+E6 にも対応予定です。

Posted by じゃりちゃん at 2014年12月06日 08:27
じゃりちゃん、こんばんは。
すごい計画ですね。
 私など、シベリア鉄道ロシア号なんかが走ると似会いそうなタイガの森みたいなレイアウトにあこがれるのですが、今のところ、作れそうにもありませんので夢進行中です。
Posted by earlybird at 2014年12月06日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409470399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。