2010年09月07日

サイクロン式掃除機

Cyclon vacuum cleaner昨年あたりから?登場した、サイクロン式掃除機。メカに弱いくせに、新しい物好きで、ちょうどひとつ調子の悪い掃除機があったので、買いました。
 従来の、紙パック式掃除機より「よく吸い取る」ということだったので、期待していました。しかし、ほぼ毎回掃除するたびに、内部にたまった埃をブラシで掃除するはめになり、非常にめんどくさいのです。
(^^;;; 
 吸引力に関しては、毎回内部にたまった埃を掃除するので、紙パック式掃除機でいうと、毎回新しい空っぽの紙パックを装備している状態のためか、悪くはありません。
 あの内部の手入れさえ、もっと楽にできればなあ。。と思うのですが。
何か良い方法があったら、ご教授くださいませ。

ちなみに、もう20年以上、ここを始める時に2台買った掃除機のうちの1台が、いまだに現役で動いております。数字上の吸引力は、最近のものの半分くらいなのですが、実感としてはよく吸引してくれるし、’80年代の製品は丈夫だなあと思う時があります。最近のは軽量化を優先するのか、なにかちょっと華奢な気がするのは、私だけでしょうか

早起き鳥ウェブサイト
posted by earlybird at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ
サイクロンクリーナー、我が家では姉に「ゴミが良く取れる」と進められて、母がダイソンの掃除機を買ったら重くて使いにくい!で掃除機を買いなおしました・・・・。ダイソンは木材加工業の仕事場で使っているのですが、すぐに満杯に。大型掃除機で掃除した後をダイソンで取り残しの掃除をします。
Posted by 山科の鉄ちゃん at 2010年09月10日 22:12
>重くて使いにくい!
 (店頭ではなく、)インターネットを通じて購入されたのでしょうか? 便利だけど、大きさとか、重さとかはネットショップとか、通信販売では、わからないですからね。

 木材加工は、ほんとにすごい量の木くずや、切れっぱしが出ますからね。
電気のこぎりなんかも、お使いでしょうが、安全第一でお仕事進めてください。私も除雪機で何度も危ない思いをしました。
 除雪機の前に出る時(=回転しているオーガーに巻き込まれる可能性がある)は、必ずエンジンを切ってから前に出ます。
Posted by earlybird at 2010年09月11日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。