2009年04月28日

ETC料金

どうも解りづらいETC料金。土曜、日曜、祝日は地方道一律¥1,000-ということらしいですが、このサイトで4月29日に通行するという条件で検索してみると、

八王子IC --> 豊科IC ¥1,000-
名古屋IC --> 豊科IC ¥1,950-
吹田IC --> 豊科IC ¥2,250-

となります。なるほど通常料金よりは、かなり安くなるようですが、どこまで行っても¥1,000-というのではなさそうです。
 諸外国に比べて高いと言われた高速道路通行料金が安くなるのは、嬉しいことですが、一方で、宇高連絡船が、利用客激減の為、存続の危機にあると聞きます。整備新幹線が完成した時、JRは並走する在来線から手を引くようになっています。
 これからの時代は、便利にはなるけれど、選択の余地がなくなる時代になるのかもしれません。

早起き鳥ウェブサイト 
posted by earlybird at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、GWはお忙しい事と存じます。
ETC料金、特定日時だけの割引はなんとも・・・・・。
 今月初め祖母が亡くなり四国まで車で往復、行きは金曜日で高速代12500円・帰り日曜日で渋滞を避けるため明石大橋から阪神高速経由名神高速で4050円でした。
 金沢〜京都は1050円、大津ICから西は関西地区で1000円区間から除外で1区間が割引で50円だそうです。ややっこしいですよ。
Posted by 山科の鉄ちゃん at 2009年04月29日 12:22
山科の鉄ちゃん、こんばんは。
 おばあちゃんが亡くなられたのですね。ご冥福をお祈りします。

>関西地区で1000円区間から除外で1区間が割引で50円だそうです。ややっこしいですよ。

たぶん、首都圏、関西圏など都市近郊区間が上限¥1,000-の対象から外れているのでしょうね。1区間というのは、隣接するインターチェンジとの区間ということでしょうか。たとえば京都南〜京都東 のような。
 名古屋圏はこの「対象外」区間はないようですね。名古屋〜青森が¥1,000-だったりします。

いずれにせよ、私ところの車はどっちもETCをまだ搭載していないので、悩むだけ時間の無駄ってことですね
(^^;;;
 長野県内をうろうろするだけだと、高速道路に入ることが、あまりないんです。豊科から諏訪、小淵沢方面や、駒ヶ根、飯田方面へ行く場合は利用しますが、その場合はほとんど目的地が東京や大阪であることが多かったです。 今は、それくらいの距離になると、運転も疲れるので、もっぱら鉄道での移動になってしまいます。
 リンクした先のサイトにも記述がありましたが、交通停滞などで、利用時間がずれたりした場合は、割引が適用にならない場合があるとか。。。 迷路に入ったみたいな複雑さで、ちょっとおじさんには、ついていけないところがあります。
Posted by earlybird at 2009年04月29日 20:05
おはようございます。
都市高速を通過すると料金が加算されるような事を言っていましたが、29日から値下げしたとニュースでやっていました。

大糸線のキハ52が今年で終わりだと北日本新聞に載ったそうなので、これを使って出撃したいなと思っています。
Posted by N市のT at 2009年04月30日 09:46
N市のTさん、こんばんは。
キハ52が今年で終わりですか。DMH17とも、遂にお別れの日が近づいているのですね。
 大糸線のJR西日本管轄区間は、1995年の豪雨災害で橋桁やスノーシェルなどが大規模に破壊され、復旧に2年近く要したと記憶しています。その後も縮小をたどるばかりで、中土、北小谷、平岩などにあった交換設備も撤去あるいは閉鎖され、今交換できるのは、根知くらいです。 
 昔は【シュプール白馬】や【リゾート白馬】なんかも関西方面からDD51のプッシュプルや181系DCなどで入ってきていたんですけどね。
Posted by earlybird at 2009年04月30日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。